バイナリーオプションのデメリットへの対応について

前回の記事でバイナリーオプションのメリット・デメリットについて書いたわけですが、

では、デメリットの部分に対して自分なりにどのように対応することにしたのかを書きたいと思います。


① ギャンブル的な要素が大きく、お金も失いやすい。

私の場合は、実際にこれが一番大きな問題でした。実際はまだ失敗してしまっています(TT)

どういうことかというと、為替相場が上がるか下がるかを予想するのですが、

負けが続くことも当然あるわけです。

それで、ダメなパターンというのは、ほとんどがこの負け分を取り返そうとしてしまう場合です。

取り返さなきゃという気持ちになると、焦ってしまい正常な判断ができなくなり、

自分のルールに反したトレードをして、さらに負けが続いてしまうことが非常に多いです。


これに対する私の対応としては、

『自分の資金管理方法を決め、それを厳守する』

ということです。

その中でも大事なのは、

・ 小さな損を受け入れること

・ その日のトレードの終了ラインを決めて、厳守するこ



要は、小さな損を受け入れて、大きな損を生まないことが大事です。

流れが悪い日というのは、相場の動きのほか、自分自身の判断力やメンタルなど、

何かがおかしくなっている可能性が高いです。

そんな中で、トレードを継続してもいいことはありません。

気持ちを切り替え、次の日のために、自分のルールを確認したりする方が良いです。



② 為替の変動には確実性がなく、予想に反することも多い。

これについては、チャートを分析し、確率が高いタイミングでエントリーする。

そして自分で決めたエントリーのタイミングを厳守すること。

加えて、自分のパターンでエントリーして、負けてしまうパターンを分析し、

自分のパターンのエントリールールを改善していくことです。


ちなみに・・・

自分のエントリーポイントについては、まだ具体的なノウハウの公開は控えたいと思います。

理由は、きちんと結果を出せていないような段階では、読者に悪影響しかないと思うからです。

9月にある程度結果がきちんと出せれば、少しずつノウハウの部分も記事にしていきたいと思います。



③ 緊張感や心理的な負担が大きい

これも性格的な関係もあり、私にとっては対応は非常に難しいです。

ただ、大事なのは、自分の決めたルールを守り、

なるべく冷静に機械的にトレードを行うことです。

ルールをきちんと守ってトータルで勝てないなら、ノウハウに問題があるわけです。

トレード自体は機械的に、なるべく感情的にならないように行うようにすることが大事です。

私は実際まだ完全にできていないので、強く意識して9月はトレードに臨みたいと思います。


いずれ、私自身まだ課題が山積しているので、

なんとか9月は自分の目標をクリアできるように頑張りたいと思います。