【アマゾン せどり】初心者がアマゾン刈り取りから学べること

こんにちは!

私がアマゾン販売を始めた時に結構悩んだことの一つに、
コンディションの付け方があります。

低くつけすぎると、安く売らなきゃいけなくなるし、
高くつけすぎると、低い評価をもらっちゃったり、返品されるはめになっちゃったりしますからね。

私の場合は、コンディションの付け方についてアマゾンの刈り取りで結構勉強になりました。
要はアマゾンの安い出品者から仕入れるんですね。
そうすると、このくらいであれば、「非常に良い」で出すんだな~とか、
こんなもんでも「良い」で出品できるんだとかわかってきます。
まあ、出品者の評価が異常に悪いときは、要注意ですが。

それで、ブックオフとかの店舗仕入の時だと、目の前に商品があるわけなので、
「これなら、非常に良いで出品できるから、FBAで出品すれば、ちゃんと利益とれるじゃん!」
とかって仕入できる幅が広がっていくわけです。

要は、ブックオフにおいてある商品が変わらなくても、自分の商品の見方が成長するだけで、
結構簡単に仕入できる商品って増えていきます。


こんな商品売れました!
http://mnrate.com/item/aid/B00B47MYXY
270円 → 1750円
タイムセールのコミックセット半額で購入しました!
1冊108円で仕入れても、利益はちゃんと出ますね。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック